腸の働きが弱い子に「ロイヤルカナン 消化器サポート」あんの病気その10

【ロイヤルカナン】猫用消化器サポート

そもそもあんが、大学病院に通う事になったのは、下痢がなかなか治らなかったからなのだ。免疫疾患だという事がわかり、プレドニンを大量投与し、真菌が発症・・・。もう一つ、治さなければならない病気が、増えてしまった。
真菌が発症してしまったけれど、プレドニンの効果で、少しずつ良くなるあんのウンチ。ロイヤルカナンの消化器サポートも、あんには合っていたみたい。毎日モリモリ食べてくれるのだ。

【ロイヤルカナン】猫用消化器サポート

この「ロイヤルカナン消化器サポート」、食べた後のウンチがすごいのだ。びっくりするするほど、大きなウンチ!ちょっと柔らかいウンチかなと、心配で獣医さんに持っていったら、こんな大きなウンチをするのかと、とてもびっくりされてしまった。
腎臓のフードを食べなきゃいけないたまも、つまみ食いして、ふかふかのでっかいウンチをしてしまうのだ!がーん。食べるのは、少しなんだけどネ。
でかいのもすごいけれど、ウンチもふわふわしていて、まるでムースを少しだけ固めにした感じ。これは下痢っぽいのか?ちょっと柔らかいかも?と、判断に迷ってしまうウンチなのだ。
獣医さんに言わせると、とても良いウンチらしい。ホッ!いつもは同じご飯を食べると、すぐに飽きてしまうあんも、これだけは飽きずに食べてくれる。小分け作戦が効いてるみたい。
小分け作戦とは、フードを開けたら、香りがどんどん無くなってしまうので、小さなジプロックみたいな袋に小分けにして、いつも開けたて新鮮なカリカリを出すというもの。ニャンコは香りにうるさいのだ〜。

消化の良い食材を使い、腸内バランスに配慮されたドライフード

ウンチの事ばかり言ってるけれど、このフード、少量食べただけでも、充分な栄養素が摂取できるんだとか。あんは今まで尿結石で、phコントロールを食べていて、おしっこも心配だったけれど、この「ロイヤルカナン 消化器サポート」は、
尿結石にも配慮されていて、今の所再発する事もなく、おしっこ検査も大丈夫だった。慢性膵炎も心配だったけれど、獣医さんいわく、「膵臓にも良いフードだから、安心して食べさせてください」と、言ってくれた。
アレルギー持ちなので、色々療法食を試したけれど、これに落ち着きそうだ。たま〜にカリカリの形が微妙に変化して、食いつきが悪い時があるけれど、基本このフードを中心に、これからもあんと頑張っていこう!
療法食は、獣医さんと相談して、ニャンコに合うものを見つけてね。

【ロイヤルカナン】猫用 消化器サポート(可溶性繊維) 500g ドライフード【療法食】

にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へにほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ

error: Content is protected !!